小さい子供がいる家庭でも安心な家具の一つローソファー

支柱がなく床に直接置くローソファー

家の中で広くて、リラックスできる場所の中央に置く椅子として需要があるのがソファーです。そのソファーにおいて若い世代を中心に設置するのが増えているのがローソファーです。通常のソファーは椅子の隅に木の支柱がありますが、ローソファーは支柱がなく椅子が直接地面に設置しているのが特徴です。

ローソファーは子供がいる家庭におすすめ

集合住宅だと部屋の間取りは決められているため、リビングも一軒家に比べたら若干狭いです。その大きさで通常のソファーを設置してしまうと、どうしても天井までの幅が埋まってしまい狭く感じてしまいます。そこで支柱のないローソファーを置くことによって、天井までの距離が広がるので部屋が大きく見えるので圧迫感が無くなるのです。さらにローソファーを設置するのにおすすめなのが0歳から6歳までの活発な動きをする年代のいる子供です。活発に動く子供がいる家庭では遊び盛りなので、ソファーがあると弾力性があることで遊んでしまいます。ソファーの上で遊んでいるときに誤って転げ落ちてしまうと、運悪く地面やテーブルの角に頭をぶつけてしまうと大怪我をしてしまうことにもなりかねないです。そこで遊び盛りの子供がいる家庭において、このローソファーを設置すればたとえ遊んで転んでも大怪我をするリスクは少なくなります。これらの点からローソファーは人気となっていますが、もちろんデメリットもあります。支柱がなく地面に近いため立ち上がるときに腰やひざが悪い人には通常のソファーよりも負担がかかります。さらにリビングにテーブルを置きたいときに、日本古来のテーブルであるコタツ台であれば良いですが洋風のテーブルは設置しにくいです。

食卓と居間が分かれていない狭めのお部屋には、ソファ ダイニングが快適です。お食事をしてもくつろいでも良い便利設計のため、居心地の良い居住空間が演出できます。