いまさら聞けない!婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

婚約指輪はプロポーズのときに贈られる指輪のこと!

プロポーズをする時の王道シチュエーションと言えば、男性が女性の前に膝まづいて、指輪の箱をパカッと開けるという場面ではないでしょうか。
婚約指輪とは、この場面に象徴されるように、男性から女性へ贈る指輪のことです。エンゲージリングとも言いますね。
ちなみに、昔から、主にダイヤモンドがついた指輪が贈られるのには理由があります。
ダイヤモンドはとても硬い石で、傷ついたり割れてしまったりしにくいのが特長です。
また、何年たってもその輝きを失うことはありません。
このようなダイヤモンドの特長に、「堅い意志を持って結婚の申し込みをしています。生涯変わらず愛し続けることを誓います。」という気持ちを込めているのです。
もちろん、ダイヤモンドのリングでなくてはならないということはありませんが、選ばれるのにはきちんと理由もあるのです。

結婚指輪はふたりで着けるもの!

一般的に、婚約指輪は婚約してから入籍するまでの婚約期間に着けるものですが、結婚指輪は入籍してからふたりで着ける指輪のことを言います。
ですから、結婚指輪はセットで売っていることも多いのです。
最近では、それぞれの気に入ったデザインを選んだり、オーダーメイドで作るというカップルも多くなっています。
ふたりで着けるものというと、お揃いでなくてはならないような気がしてしまいますがそんなことはありません。
むしろ、一生着けるものになりますので、お互いに気に入ったものを納得した上で着けるのが良いですよね。

婚約指輪を選ぶときに大事なことは好みのデザインであるかどうかということもそうですが、アフターサービスがしっかりしているかということが重要です。